浜松市・磐田市・袋井市・掛川市の水道屋、水漏れ・水詰まりを今すぐ解決!!
水道修理施工事例

水道屋の施工事例

水漏れ、水つまりの緊急修理やバスリフォーム・トイレリフォーム・キッチンリフォーム・洗面リフォームの浜松市、磐田市、袋井市、掛川市、森町での水道屋の施工事例

袋井市 洋式トイレ詰り修理

もし御自宅のトイレが詰まってしまう事がありましたら、一度ホームセンターなどに売っているラバーカップを使ってみるといいと思います。専門業者を呼ぶと時間がかかってしまいトイレに行くことを我慢しなければいけないので、簡単な詰りでしたらラバーカップで詰りを除去することが出来るので一度お試しください

袋井市諸井 ローポンプ作業

磐田市 屋外排水管詰まり修理

まずは外の排水管で何か詰まっているのではないかと思い、排水管の点検口を探しました。まずはトイレから一番近いところから点検してみようと思い屋外のトイレの近くに行くと、点検口から汚水が溢れていました。 排水管のつまりは確定です。どこで詰まっているか確認するため点検口を全部開けて見ました。溢れている横1m先にもう一つ点検口があり、そこは異常はありまんでした。この点検口と溢れている点検口との間でなにかが詰まっています。

磐田市岡  高圧洗浄作業

掛川市 台所排水管詰まり修理

高圧洗浄機とは、ノズルの先端から高圧のお水が噴きだす事により、詰まっているものを分解しながら掻き出してくれるという優れた機械です。詰り修理に関してはこの機械を使用するのが、最も効率的で確実性があるのではないかと思います。

掛川市南西郷 高圧洗浄機使用

浜松市 蛇口水漏れ修理

でも今回は部品の修理ではなく蛇口本体の交換をお客様に提案してみました。部品は生産から10年以上たっているとメーカーにもありません。今後のことを説明するとお客様は納得して頂き、本体交換をさせていただきました。 蛇口の寿命はだいたい10年ぐらいと言われています、しかし10年以上使用されたからと言って絶対に蛇口本体を交換しなければならないということは有りません。部品で直る事もありますので、水漏れを起こした時には一度当社にご連絡下さい。

浜松市浜北区八幡 台所蛇口交換

磐田市 洋式トイレ詰まり修理

1回修理にお伺いしたことがあるお客様で、あれから1年ほどでまたトイレが詰まってしまったらしく、今回も呼んでいただきました。前回はトイレが詰まった原因は、ペーパーなどが便器の中で詰まり、ローポンプを使い詰まりは抜き取り、便器の中に手を入れ、手の届く範囲に詰まり物があるか調べてみました。このとき硬い物、例えば玩具など流しても、手で届く範囲で引っ掛かってしまうので、取り出せば詰まりは直るのですが、汚物やペーパーなどは大抵奥で詰まってしまいます。このようなときはローポンプを使用すれば大抵直りますが、ペーパーなどを流しすぎて固まると直らないこともあります。次に屋外にある配管でつまっていないか確認しに行き、詰まっていないようでしたので、今回も便器の中で詰まってしまっているのではないかと思われます。

磐田市西貝塚 ローポンプ作業

浜松市 洗面蛇口水漏れ修理

25年使用されていると、洗面化粧台もいろいろと傷んでいます。扉の中の下板も今回の水漏れで、腐ってきており、物があまり置けない状態になっていたり、洗い場が陶器でできていたため、亀裂が入っていました。お客様もこの際だからと、洗面化粧台の交換を希望され、一番シンプルなものをお勧めしました。

浜松市東区安間町 洗面化粧台交換

磐田市 屋外排水管つまり修理

高圧洗浄機とは、ノズルの先端から高圧のお水が噴きだす事により、詰まっているものを分解しながら掻き出してくれるという優れた機械です。詰り修理に関してはこの機械を使用するのが、最も効率的で確実性があるのではないかと思います。排水管内の汚物を掻き出した事により無事、台所を使える様になりました。

磐田市福田  屋外排水管つまり修理

浜松市 台所水漏れ修理

今回の修理内容として、フレキ管が割けてしまっているのでフレキ管を新しい物に替え、取付けて完了です。フレキ管が腐食してくると腐食した部分が弱くなり管が割けてお水が漏れてきますので、その時は一度、劣化した部分を切断して取付け直す事により、また使えることもありますので、一度お電話ください。

浜松市南区松島町  フレキ交換

掛川市 洋式トイレ詰り修理

便器を外し裏返して中を確認してみると、何か引っかかっていました。お客様をお呼びして、引っかかっているもをとり、一緒に確認してみるとそれは綿棒でした。綿棒が穴を少し塞ぎ、流すたびにトイレットペーパーなどが少しずつ絡みとられ、お水の流れがおかしくなってしまったのが原因でした。

掛川市葛ケ丘 ローポンプ作業

磐田市 トイレ水漏れ修理

何年も使い続けていると部品も劣化します。今回は鎖が切れてしまっていたため、新しいフロートバルブに交換してあげれば鎖も付いてくるので、フロートバルブを交換しました。 注意点として鎖をレバーにつける時、引っ張りすぎても、緩すぎてもいけません。引っ張りすぎると、何回か使っている内に新しいものなのに鎖が切れてしまう可能性があります。逆に緩すぎると、レバーを回しても、フロートバルブが持ち上がらずにお水が流れていきません。ちょっと緩いかなと思うところで付けるといいです。

磐田市森下 トイレタンク修理
1 2 3 11 »
PAGETOP